消費者金融の申込みに必要な書類

消費者金融によって申込みに必要となってくる書類に多少の違いがありますし、申込者の状況により追加書類が必要となることもありますが、どの消費者金融への申し込みの際にも申込者個人を確認するために必ず必要となってくるのが本人確認書類です。
本人確認書として、現住所が記載された運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかを提出することになっているのが一般的です。ちなみに、引越ししたばかりなどで確認書類に使用する書類の住所変更手続きをまだ行っていない、という時には現住所が記載された発効日から半年以内の公共料金(NTT、電気、水道など)の領収書や納税証明書、住民票の写し、印鑑証明書などを合わせて提出しなくてはなりません。
それから、貸金業法に基づき50万円を超える契約を行う場合と他社借り入れ分を含め借入総額が100万円を超える場合には収入証明書類の提出も必要です。源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書類、所得証明書などを収入証明書類として提出するよう求めている消費者金融が多いですが、給与明細書や賞与明細書なども収入証明書類として認めているところもあります。
本人確認書類であればすぐに用意することが出来るでしょうが、収入証明書類も必要となる契約の場合、手元に書類がなく取り寄せなくてはならず時間がかかってしまうこともあります。その結果、即日融資を希望していても必要書類が間に合わず契約を交わすことが出来ず審査は通ってもその日のうちに融資を受けることが出来ない、なんてことにもなりかねませんので予め申込みに必要となる書類について消費者金融のホームページなどで確認しすぐに提出できるよう用意しておきましょう。

20 7月

即日融資とスピード審査について

皆さんはスピード審査で、消費者金融 即日融資を実現したいと思いませんか?ここでは、お金を急いで用意したいという方のために即日融資ができるスピードキャッシングについて詳しくご紹介したいと思います。銀行や信販会社などさまざまな金融機関がありますが、どの場所が最も早く、お金を用意できると思いますか……?
実は、最もスピードが速く即立融資を実現してくれるのは「消費者金融カードローン」です。消費者金融は、決して危険な業者ではありません。大手銀行が、消費者金融会社を「グループ会社」として運営しているので、誰でも安全に利用することができます。
特にこの数年は、消費者金融系カードローン会社でも低金利の商品を扱うようになりました。大きな融資を受けることができれば、10%未満の低い利息で借りることができます。これなら多く借りたとしても、月々の負担が増えることはありません。また、返済に必要な総額もぐっと抑えることができるので安心です。
多くの消費者金融カードローンは、日本を代表するメガバンクが関係しています。三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など、皆さんが普段お使いの銀行が関っているのです。実際に、これらの銀行を利用する方たちが消費者金融カードローン商品に申し込みをしています。これから、使いやすいローンを見つけたいという方は、銀行だけでなく消費者金融カードローン会社をあたってみてはいかがでしょうか?低い金利で利用できるため、女性や年配の方にもおすすめです。

消費者金融の窓口利用について

消費者金融の申込受付には、様々な方法があります。
電話・インターネット・無人契約機などを利用した申込では、担当者と直接顔を合わすことなく申込ができます。
一方、窓口での申込では、担当者と直接話を行うことになりますので、お金を借りる上での疑問や質問を話し合うことができます。

特に、初めて消費者金融を利用される方であれば、窓口での申込が、安心できますのでオススメです。
最初のうちは、わからないことだらけですので、一つ一つの疑問や問題を担当者の話をじっくり聞いて、納得した上で申込を行うようにしましょう。

金利や返済方法、その他の条件や、商品内容は、各消費者金融会社によって異なっています。
できれば、複数の窓口を訪問し、比較検討するとよいでしょう。
窓口での対応の仕方を観察すれば、その消費者金融会社の誠意や熱心さも研究することが可能です。

モビット審査に通過し、実際に利用を開始した後でも、窓口を上手に利用するようにしましょう。
返済を行う上での不安点が生じた場合には、すぐに窓口で担当者の意見を聞くことが必要です。
また、窓口を訪問することで、新商品などのお得な情報を入手することもできます。

消費者金融の利用者の中には、どうしても窓口相談に抵抗感をもっている方も少なくありません。
しかし、問題が生じる前に、窓口を訪問し、早い段階で解決策を、担当者の生の声で話を聞くことが、後々のトラブルを防ぐことにもつながります。
申込時を含めて、何度かは窓口で、担当者の話を聞く機会をもっておきたいものです。

消費者金融で陥るトラブル

消費者金融にまつわるトラブルと言ったらどんなものを思い浮かべるでしょうか?お金の借りすぎや返済の延滞などはよく聞くトラブルです。悪徳金融会社に引っかかったというケースも少なくありません。家族に内緒で利用していたのがバレたということもあるでしょう。どういったものであれ、トラブルに巻き込まれるのはなるべく避けたいものです。
お金の借りすぎや返済の延滞は自分自身の意識の問題になってきます。借りる前は、「お金は必要以上に使わない」、「返済はこうする」、といった計画を立てて準備していたかもしれませんが、借りていくうちに慣れてしまい、緊張感がなくなってしまうことはよくあります。これを回避するには、借金することはどういうことかを何度も認識しなおし、緊張感を保つことです。
悪徳金融業者に関しては、とにかく関わらないことが唯一の回避方法です。少しでも関わるとしつこく連絡してきたり、漏れた個人情報を他の悪徳業者に売られたりして被害が大きくなります。また以前のように恐喝まがいの取立ては行わないものの、貸す前にいくらか払うようにと言われたり、関係のないものを売りつけられるなどしてお金を騙し取られることもあるようです。悪徳金融を頼るメリットはどこにもありません。
家族に内緒で利用するという方は多いでしょう。しかし、バレてしまうと場合によっては大きなトラブルに発展しかねません。結婚している方は離婚問題にまでなってしまうことも少なくないので、利用目的や借りる金額などを家族に話しておくといいでしょう。それでも内緒にしておきたいのであれば、それぞれがうまくやるしかありません。

消費者金融の検索を2回したほうがよい理由

消費者金融の検索は2回行うのが理想的です。まずは、どこで借りるのかをインターネットで検索する方が多いのではないでしょうか。

たくさん消費者金融がありますから、金利などの借り入れ条件を比較することによって選びやすくなりますね。消費者金融の名前が分からなくても、自分の属性や借り入れの希望方法で、絞って検索をかけていくことができます。比較サイト自体もたくさんあるので、いくつかで即日融資比較してみるとより自分の希望に近い借り入れ先を見つけることができるでしょう。

この借り入れ先をみつける検索の後には、借り入れ先と決めたところが違法な業者でないかどうかを確認するため2回目の検索をおすすめします。ウェブサイトがある消費者金融なら、簡単に見つかりますし、そうでない場合は日本貸金業協会のウェブサイトで検索してみましょう。

日本貸金業協会のサイトでは、悪質な業者も検索することができます。登録番号を偽っているような悪質な業者もありますので、念には念をいれて検索しておくほうがよいでしょう。

借り入れ前は時間がないということが多いですから、何度も検索するのは面倒と思ってしまいやすいものです。しかし、もしも違法な業者で申し込みをしてしまった後のことを考えれば、その検索の何分かは決して無駄にはなりません。テレビコマーシャルで名前を知っているとても有名な消費者金融というわけでなければ、必ず検索して確認したほうがよいのです。